電験 認定取得方法について

電験の認定取得時の実務経験・認定申請については、明確にわかりやすいものではありません。そこで、当サイトへ寄せられた貴重な情報を掲載し、情報を共有化する事で、少しでもわかりにくい実務経験の認定取得方法を透明なものとなるようにさせて頂きました。(他にも情報を持たれている方はメールで教えてください)
(この場を借りて貴重な情報を教えていただいた事へお礼を申しあげます。ありがとうございました!)

<認定取得申請の流れ>
最低条件:認定校卒業→単位が十分ある→実務経験を積む


この最低条件を満たした方は、ようやく申請できます。
ちなみに申請の提出先・問い合わせ先は「各産業保安監督部」になります。詳しい情報は以下を参照してください。

問い合わせ先
北海道産業保安監督部 〒060-0808
 札幌市北区北8条西2丁目  札幌第一合同庁舎6階
011-709-1795
関東東北産業保安監督部
東北支部
〒980-0014
 仙台市青葉区本町3-2-23  仙台第2合同庁舎8階
022-215-9247
関東東北産業保安監督部 〒330-9715
 さいたま市中央区新都心1番地1  さいたま新都心合同庁舎1号館11階
048-600-0386
中部近畿産業保安監督部 〒460-0001
 名古屋市中区三の丸2-5-2  中部経済産業局総合庁舎
052-951-2817
中部近畿産業保安監督部
北陸産業保安監督署
〒930-0091
 富山市愛宕町1-2-26
076-432-5580
中部近畿産業保安監督部
近畿支部
〒540-8535
 大阪市中央区大手前1-5-44  大阪合同庁舎1号館本館5階
06-6966-6047
中国四国産業保安監督部 〒730-8531
 広島市中区上八丁堀6-30  広島合同庁舎2号館
082-224-5742
中国四国産業保安監督部
四国支部
〒760-8512
 高松市番町1-10-6
087-861-8804
九州産業保安監督部 〒812-0013
 福岡市博多区博多駅東2-11-1  福岡第1合同庁舎8階
092-482-5519
那覇産業保安監督事務所 〒900-0006
 那覇市おもろまち2-1-1  那覇第2地方合同庁舎4階
098-866-6474

申請方法は各保安監督部に問い合わせればよいのですが、こちらには極めて詳しく書いてあるので参照ください。
 http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chugoku/denki/shikaku/file/menjoukoufu.doc


ちなみに「中国四国産業保安監督部」へ電話して、手続きの仕方を聞きました(2005.6.8)。
 @申請書の案を作成
 A中国四国産業保安監督部へ行って案を見てもらう
  (担当の人に事前に電話連絡し、日程の調整などをする)
 B内容を審査し、不備があれば訂正の指示をする
  面接を行い電気主任技術者にふさわしいか審査する
 CすべてOKならば、自分の会社に実務経験の証明の承認をもらう。
 D申請書を正式に提出

注:これは中国四国産業保安監督部の話なので、自分が申し込もうと思う部署へ直接問い合わせてください。(大体どこも同じだろうとは言っていました)

※書類だけ整っていてもダメ、きちんと実務の知識がないとダメらしいので、申請しようと思われる方はそれなりに知識・技能を修得してからでないと厳しいようです。面接でOKがもらえるようきちんと勉強してから申請にトライしましょう!!


面接では・・・
保守・点検業務での申請では、「保安規程」の事がよく問われるそうです。よく理解してない人はダメだそうです。
その他、実務経験書の内容を色々と質問してくるらしく、その質問にすばやく正確に答えられないといけないそうです。

何にせよ認定取得はけっこう大変で手間がかかり、めんどくさそうですね( ̄口 ̄|||)やっぱし試験でとるのが近道ではないでしょうか( ̄▽ ̄〃)



以下は、当サイトにお寄せいただいた貴重な情報を掲載しています。

netさん(2005/09/21)

まずは1回では通してもらえないと。
平均6回ぐらいは産業局に行く覚悟でと・・・。
役人には逆らわない下手すると1年以上通わされる。その間にブチ切れたら申請受理してもらえない。
知ったかするとそこから攻められ答えられなくなればそこでゲームオーバー次回また書類を揃えて お越しください・・・。
つまり役人に嫌われないようにうまく付き合わないといけないと・・・。 プライドも押し殺して・・・。

申請の書き方はHP載ってますね。それをうまく書かないといけないらしい。会社の子は4回でいけたと言ってました。

ちなみに面接は1対1だそうです。とにかく担当がきまればずっとだそうです。
物で釣れないし・・・。
誠心誠意に面接受けることだと・・・。

totiroさん(2005/03/06)

実務経験なのですが、工場やビル等で「電気担当」の運転員とか 技術員というのがポイントみたいです。

電気以外の仕事をしていると、経験年数が短くカウントされます。
技術員と言っても、毎日電気設備の整備をするわけではないので、 運転員として、毎日点検・保守をするのが有利だそうです。 さらに、整備に参画することも必要。

その実務もそれなりの知識が必要な仕事と認められなければ 実務経験とは認められないようです。
整理すると…

 1.電気担当として、電気専属の仕事をする。
 2.運転員として、点検・保守の仕事をする(この中で整備に参画することも必要)。
 3.仕事にそれなりの知識を必要とする難易度がある。

ということで、なかなか認定で通るというのは至難の業です。
認定で取得しようとして門前払いを食らった経験者は語ります(笑)。

たかさん(2005/03/06)

窓口が「経済産業省(実際は各経済産業局)」になります。電気技術者試験センターは試験の窓口なので的を得た回答を得るのは難しいと思います。
 ・・・なので認定の情報を得ようと思ったら各経済産業局に問い合わせるのがよいと思います。

あと、私的には「電気工作物の工事・維持・運用」とは「電気保安規定」をつくって事業所の電気の安全を確保すること。
例えば・・・点検日誌を確認し電気工作物の異常有無を確認する。など

まあ、実際の実務をこなさないと認定は無理なので、試験を受験した方が近道だと思います。

野良さん(2005/03/06)

経済産業局に書類を持っていくと、事務官とか技官の方々が、「法令に照らし合わせ・・、前例とも照らし合わせ・・」して審議するのでしょう。

小規模の自家用電気工作物(国の機関が、工事の許可や検査など行わないような設備)での実務経験を書類だけで認定してもらうのは、かなり難しいようです。何度も書類を提出しなおして、1年近くかかった話を聞いたことがあります。

一方、大規模な設備を担当し、経済産業局に出向いて設備関係の書類手続きや検査立会いなどを経験している場合(顔が知られている場合?)には、それほど時間がかからずに、確実に認定されるようです。これは、認定で3種を取得した人から、直接聞いた話しです。

ちなみに!ボクが「電気技術者試験センター」より電話にて聞き取り(2005.3.4に)した内容は以下の通り。

「電験の認定取得の実務経験の事教えてほしいんですが、どんな仕事が実務経験になりますか?」
「はい、高卒で3年、高専卒で2年、大卒で○年以上の実務経験が必要です・・・」
「ですから、どんな仕事がその実務経験なんですか?」
「ちょっとお待ちください・・・・・・500V以上です。。。」
「500V以上で、なんですか?」
「・・・ちょっとお待ちください。・・・500V以上の自家用電気工作物です。。。」
「???自家用電気工作物の何ですか?どんな工事ですか?具体的には?」
「ちょっとお待ちください・・・(男の人にかわる)」
「自家用電気工作物の工事・維持・管理・運用にかかわる仕事です。」
「具体的にはなんなんですか?」
「ですから工事・維持・管理・運用にかかわる仕事です。」
「???だから具体的に何なんですか?例えば、変圧器の据付とかですか?」
「据付は違います。単体じゃなくて電気システム全体にかかわる仕事です。制御ケーブルを敷設するなど」
「じゃあ、火力発電所の運転などは?」
「あれはボイラーですから違います」
「じゃあ遮断器の点検などは?」
「一応維持になるんでしょうねぇ・・・」
「明確にこんな仕事って決まってないんですか?」
「明確に決まってますよ。工事・維持・管理・運用にかかわる仕事と。」
「?????具体的にどんなのか申請する時わからないじゃないですかぁ」
「個人の方がわかる分からないとかじゃなくて、経済産業省の方で審査しますから、その時客観的に見て、工事・維持・管理・運用に関わる仕事だと判断されれば実務経験になります・・・」

この後みなさんに教わって分かった事ですが、認定は経済産業省(局)で審査をして行うそうです。従って電気技術者試験センターへ聞いても上のように的を得た回答は得られません。詳しく知りたい方は経済産業省(局)へ直接問い合わせましょう!







トップへもどる






SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO