2021.09.03最終更新
電気技術者の部屋TOP  電気主任技術者(総合)

電気主任技術者試験(電験)の合格基準点(合格点)と合格率

電気主任技術者試験(電験)合格基準点の調整について

 過去の電気主任技術者試験(電験)の合格基準点は電気技術者試験センターのホームページ でプレス資料として公表されます。その資料を一覧にして掲載しています。
 古い年度のプレス資料はもう公開されていないので、内容があっているかどうか確認する術はありませんが、 (電気技術者試験センターに問い合わせても60%以上ですとだけ言われ教えてくれません)参考でご覧になっていただければと思っています。

 合格基準点は毎年調整(毎年平均点等から一定の合格率に近づくように調整していると思われる)がされており、60%より引き下げられることが多いです。 合格率がどれだけ高くなっても、60%を超えることはありません。逆に60%では合格率が下がる(=平均点が低いと想定)と基準点を下げて一定の合格率になるように調整が入っていると思われます。  

 令和2年度の電験1種1次試験では、基準点はMAXの60%でした。それでも50%の合格率で難易度を下げすぎたようです。



■第3種電気主任技術者試験

 基本的に60%以上ですが、試験が難しい場合は合格点が引き下げられます。

第3種電気主任技術者試験 合格基準点一覧

年度 満点 理論 電力 機械 法規 備 考
H22 100点 55.00点 52.75点 47.65点 55.00点
H21 100点 53.90点 55.00点 49.17点 55.00点
H20 100点 60点 60点 55点 60点
H19 100点 55点 55点 55点 55点
H18 100点 60点 60点 55点 57点 H18年度より「点」表現に変更
H17 100% 49.55% 55.00% 47.23% 55.00%
H16 100% 60.00% 60.00% 52.60% 57.58%

第2種電気主任技術者試験

電験2種1次試験


基本的に60%以上ですが、試験が難しい場合は合格点が引き下げられます。
第2種電気主任技術者試験(1次) 合格基準点一覧

年度 満点 理論 電力 機械 法規 備 考
H22 100点換算 55.32点 60.00点 60.00点 60.00点
H21 100点換算 54.86点 60.00点 60.00点 60.00点 H21年度より「100点満点換算」表現に変更
H20 90点 53点 54点 49点 54点
H19 90点 49点 48点 49点 50点
H18 90点 42点 50点 50点 50点 H18年度より「点」表現に変更
H17 100% 50.50% 60.00% 60.00% 58.94%
H16 100% 58.90% 60.00% 58.00% 60.00%

電験2種2次試験


配点→電力・管理:120点満点 機械・制御:60点満点 合計180点満点
総合評価方式として全科目の合計点が60%以上で,かつ,各科目の最低取得点は,その科目の平均点以上 を合格とする。
ただし,問題が難しい場合は,それぞれ5ポイント・5点引き下げることができる。
第2種電気主任技術者試験(2次) 合格基準点一覧

年度 満点 総得点 電力・管理 機械・制御 備 考
H22 180点 99点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で55.0点以上
H21 180点 93点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で51.7点以上
H20 180点 108点 平均点 平均点 100 点満点換算で60点以上
H19 180点 99点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で55点以上
H18 180点 99点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で55点以上、H18年度より「点」表現に変更
H17 100% 60% 平均点 平均点 平均点下記参照※
H16 100% 55% 平均点-5点 平均点-5点
 ※H17年度平均点について
  電力・管理:平均点52.51% 機械・制御:平均点37.17%
 (2科目平均47.39%)
  電気計算(雑誌)に平均点が記載されていたため、転載しています。



第1種電気主任技術者試験

電験1種1次試験


基本的に60%以上ですが、試験が難しい場合は合格点が引き下げられます。
第1種電気主任技術者試験(1次) 合格基準点一覧

年度 満点 理論 電力 機械 法規 備 考
H22 100点換算 51.67点 60.00点 59.88点 60.00点
H21 100点換算 51.64点 60.00点 60.00点 59.96点 H21年度より「100点満点換算」表現に変更
H20 80点 48点 47点 45点 48点
H19 80点 48点 48点 48点 48点
H18 80点 44点 44点 42点 40点 H18年度より「点」表現に変更
H17 100% 55.00% 55.00% 54.99% 53.34%
H16 100% 51.60% 58.00% 53.40% 58.00%

電験1種2次試験


配点→電力・管理:120点満点 機械・制御:60点満点 合計180点満点
総合評価方式として全科目の合計点が60%以上で,かつ,各科目の最低取得点は,その科目の平均点以上 を合格とする。
ただし,問題が難しい場合は,それぞれ5ポイント・5点引き下げることができる。
第1種電気主任技術者試験(2次) 合格基準点一覧

年度 満点 総得点 電力・管理 機械・制御 備 考
H22 180点 108点 平均点 平均点 100 点満点換算で60.0点以上
H21 180点 105点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で58.3点以上
H20 180点 108点 平均点 平均点 100 点満点換算で60点以上
H19 180点 99点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で55点以上
H18 180点 93点 平均点-5点 平均点-5点 100 点満点換算で51.7点以上、H18年度より「点」表現に変更
H17 100% 55% 平均点-5点 平均点-5点 平均点下記参照※
H16 100% 55% 平均点-5点 平均点-5点
 ※H17年度平均点について
  電力・管理:平均点30.78% 機械・制御:平均点50.32%
 (2科目平均37.29%)
  電気計算(雑誌)に平均点が記載されていたため、転載しています。

    H17年に掲載されていた平均点はすごい貴重なデータだと思います。
    合格基準のかなり大きい目安になります。
    いずれにしても得点調整を期待せず、6割越えで安心して合格発表を待ちたいですね!


合格点の端数について

 電験3種は”5点きざみ”の配点なのに、47.65点とか細かい合格基準はなんなのか?
  ↓過去にこんなことがありました↓

 こういうのがあるから端数があるのかもしれません。  でもH21年度の3種の法規は55点が合格基準点です。  よくわからない部分です・・・
電気技術者の部屋TOP
Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.