電気技術者の部屋TOP >技術士1次(電気電子) >

難易度はどのくらい?

管理人の受けた感触では難易度は電験2種より易しいことは確かです。

この試験は、「基礎」「共通」「適性」「専門」の4科目があり、それぞれの考察を書いてみたいと思います。ちなみにこの試験は科目合格制度がありません。そこも考えた上でとりあえず各科目の難易度を考えてみたいと思います。

後に詳しく述べますが、本試験は選択問題がたくさんあり、尚且つ合格ラインが低め(とりあえず50%)となっていることからかなりできなくても合格点に達してしまうという雰囲気はあります。

さらには、問題自体のレベルはあまり高くなく与し易いと言えるでしょう。

専門科目の難易度
本試験のメインである電気電子の内容の出る「専門科目」ですが、専門科目の問題自体が電験3種並のが多く出たりします。フレミングの左手の法則の文章説明の穴埋めとか、ただ単に公式を答えればいいとか、通常のオームの法則で普通に解けてしまう問題もでます。(もちろん応用問題もあり、2種理論で出るような問題だってあります!)

この他に、情報・通信関係や電子の内容も出ますが少しかじっていれば解ける感じです。範囲はすごく広い ので、まともに全範囲を勉強すると大変ですが、問題集程度でも十分じゃないかと思います。

電験3種合格レベルの方ならば、電験+αで情報通信を学べば十分合格レベルに達するのでは。

専門科目以外の難易度
残る「基礎」「適性」「共通」科目です。
これはどの部門でも共通で受験する科目になります。

「共通」科目は数学や物理などの科目です。管理人は科目免除をしてもらったので受験しておらず、難易度のほどは分かりませんがあまり難しくはない?のかなという話は聞きました。数学得意な人は楽勝なのかも。

「適性」科目は、技術士としてこの人が向いているかを問う科目のようですがほとんど勉強不要に感じます。たとえば、「会社でこんな不正があって、課長に報告したがほっとけと言われた。そこで諦めた。○か×か?」みたいのが出題されますが、難しいとか云々よりも倫理的な部分なので一般的常識で答えればOKな問題が多いです。少しだけ法令が出るので、PL法や知財それからCSRのことなんかを過去問で練習しとけば大丈夫でしょう。

「基礎」科目は、専門より鬼門でした。
まずぜんぜん分からない化学反応式や数学の解析とかバイオみたいな話が出てきます。バイオっていうのはDNAとかも出ます。見たこと無い問題がでます。(全部無学な管理人の感じたままのことなので、知識のある方は問題なしじゃないでしょうか)

但しこれも本当に基礎的な部分のようでその分野をちょっと知ってれば解ける問題が多いみたいです。
事実「情報」の問題なんてのはすごく簡単です( ̄¬ ̄*)
ぽろぽろ電気の問題も出ます。出たらラッキーなんで必ず拾いましょう!


以上のことから、比較的難易度は高くない!ように感じると思います。
なかには本当に難しい、マニアックな問題も出題されます。やはり技術士ですから言うほど簡単に取れる資格でもないと思いますが、やり方次第で十分合格が拾えると思います。

選択問題の多さと合格ラインの低さもあり通常の試験より楽な試験制度であることも特筆すべきです。
まだまだ受験生の少ないこの試験ですが、ぜひとも受験されてみてはいかがでしょう?


電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO