電気技術者の部屋TOP >2級電気工事施工管理技士 >

2級電気工事施工管理技士 受検資格

受検資格があります
この資格は、電験や電気工事士のように受験資格無制限ではありません。
受検資格(検定試験のため”受検”)があります。この試験の受検資格は以下の通りです。
最終学歴もしくは資格 必要な実務経験
大学 指定学科卒業 :卒業後1年以上
指定学科以外卒業:卒業後1年6月以上
短期大学・5年制高等専門学校 指定学科卒業 :卒業後2年以上
指定学科以外卒業:卒業後3年以上
高等学校 指定学科卒業 :卒業後3年以上
指定学科以外卒業:卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 8年以上の実務経験
電気事業法による第一種、第二種又は
第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者
1年以上の実務経験
(交付後ではなく、通算の実務経験年数として)
電気工事士法による第一種電気工事士免状
の交付を受けた者
実務経験年数は問いません
電気工事士法による第二種電気工事士免状
の交付を受けた者(旧・電気工事士を含む)
1年以上の実務経験
(交付後ではなく、通算の実務経験年数として)

上記をご覧頂くと分かりますが、何らかの実務経験が必要になります。
第1種電気工事士は実務経験不要と記載がありますが、第1種電気工事士免状を得ること自体に”5年の実務経験”を必要としますので、結局は実務経験は必要なのです。

おすすめは、第2種電気工事士でしょうか。
試験の中の「実地試験」には、施工経験記述の問題が出ます。有資格者として色々現場の経験を積んだ上で試験を積まないと、施工経験を書く上で難しいかもしれません。

ちなみに実務経験は、
 ・施工管理(請負者の立場での現場管理業務(現場施工を含む))
 ・設計監理(設計者の立場での工事監理業務)
 ・施工監督(発注者の立場での工事監理業務)

の立場で従事すれば経験として認められます。
つまり、実際に電気工事に従事していなくても設計や工事監理業務でも大丈夫なのです。

管理人は、施工監督(発注者の立場での工事監理業務)として、変電所設備の保護リレーや遠隔監視制御装置の取替に伴う配電盤設置や制御ケーブルの張替え、停電切替などの業務経験で受検しました。

(自分の業務が”実務経験”にあたるかどうか不明だったので建設業振興基金へ聞いてみたところ、「計装関係になると思いますが大丈夫です」との回答を得て受検できました)

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO