電気技術者の部屋TOP >第2種電気工事士 >勉強部屋 >

筆記試験の勉強法は?

第2種電気工事士試験の筆記試験は過去問に似た問題が繰り返し出題されます! 従って、過去問を3〜4年分マスターできれば合格はすぐそこ・・・って事になります!つまり、過去問を繰り返しするというのが一番効率的な学習法であるかとも思います。

ここで、合格者の方々から投稿いただいたコメントの抜粋を紹介します。
  • 計算問題ができなくても十分合格点には届きますが、短い期間でも十分理解できるし、確実に得点できるので計算問題は捨てないほうがよい


  • 筆記・鑑別・配線図と区分せずに、問題を連動させて覚えていくことです。 配線図を考えているときは、鑑別の図や用途を考えながら。又、工具の使い方や作業順序も写真を見ながら想像していく、違う年の過去問を見て考える

  • 参考書は過去問だけでぜんぜんおっけーと思います。過去問題集にも十分公式とかのってますし。できるだけ安く受けたほうが良いかと。筆記はひたすら過去問に慣れたらおっけー。(筆記は3週間の勉強で通った)

こちらの投稿を読んでいただけばよくお分かりの通り、「過去問」は超大切です。
また、問題集にも解説は丁寧に書いていますので、とにかく問題にトライしてみてください。

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO