電気技術者の部屋TOP >第1種電気工事士 > 学習部屋 >

第1種電気工事士おすすめ参考書

第1種電気工事士関係の参考書と言っても、本屋さんにはこの関係の本は溢れています。
いざ本を買って勉強しよう!と思ってもどの本を選んでよいかは大変迷うところです。
しかし、できるだけ使いやすい本を書いたい、効率よく勉強したい・・・
こう願うのは勉強を開始する誰もが願うところです。

ここでは、ボクが「実際に本屋さんで手に取ってみて使いやすい」と感じた本をご紹介します。
試験の参考書は高い、だから何冊も買えない、でもどの本がいいかわからない、、、
そんなあなたは参考にしてみてください“O( ^ - ^〃 )O”

■実技試験対策
フルカラー版 第一種電気工事士技能試験 公表問題できた!―平成18年対応 フルカラー版 第一種電気工事士技能試験 公表問題できた!―平成18年対応  おすすめ度
すべてフルカラーで仕上がりが美しく、なかなかにイチオシの本です。若干解説が少ないという感はありますが、多少知識のある方なら十分使えると思います。 公表問題すべての予想問題が掲載され、一問一問の作業の仕方を1手順毎に写真付きで解説してくれているので、この通りに作れば作業のやり方はわかりそうです。巻頭部分には複線図変換のポイントも掲載されています。
ボクのいちおし”フルカラー実習”のH18年度版は本年度発売されませんので、現段階では一番のテキストであると感じます。これにフルカラーの17年度版をテキストとして購入すれば完璧です!
第一種電気工事士技能試験―フルカラー実習 第一種電気工事士技能試験―フルカラー実習 おすすめ度
これは17年度版のため星4つですが、フルカラーですごく見やすい上に解説がとても詳しいすばらしい1冊です。本書の18年度版は残念ながら発売とならないそうですが、17年度版でも十分勉強は可能です。複線図変換や具体的な作業方法、失敗例の解説を掲載してくれています。特に複線図は丁寧で、「電灯回路」「受電設備」「動力設備」に分けられてそれぞれに詳しい解説付きです。(ちなみに→目次
H18年度第一種の公表問題の8割程度は、現在のままでもカバーしていますので、 複線図の理解、単位作業および配線方法を習得するには、最適な参考 書です。

<実技試験に関する書籍について>
実技試験の勉強をする上では、「カラー」である事がぜったい条件だと思います。ほんとにみやすさは大切です。そういった意味では上記2冊のみやすさは抜群です。そして解説はどちらも丁寧ですし、上の「フルカラー実習」の複線図変換の内容は他の追随を許さないほどのできです。この2冊を入手すればで十分です!

■筆記試験対策
第一種電気工事士筆記試験模範解答集〈平成18年度版 第一種電気工事士筆記試験模範解答集〈平成18年度版〉  おすすめ度
今年大幅に改正された試験内容に対応した問題集で、筆記受験者には必須の1冊です。というのは、従来の筆記試験問題に今回新たに追加となった等価実技試験問題とそれらの解答解説も盛り込まれていると言う事です。ですから、筆記試験対策となる過去問はこの1冊で十分です☆
解説も丁寧に書いていますし、試験制度変更の概要の他に重要ポイントだけをまとめたページなどもあります。 この問題集は、過去10年間分(平成17年度〜平成7年度)の、従来の筆記試験の内容10年分に加え、技能試験にあった等価実技試験を盛り込んでくれています!
ポイントスタディー方式による第一種電気工事士筆記試験パーフェクトブック ポイントスタディー方式による第一種電気工事士筆記試験パーフェクトブック おすすめ度
本書は、平成18年新出題形式対応(平成17年度から筆記試験で出題されている「鑑別」や「施工方法等」の分野の学習がこれ一冊でできます)です。テーマ毎にスタディポイントなども設けてあり、重要ポイントを示してあります。各テーマ毎に練習問題も掲載されているので、学習するほどに力がつくと思います。
基本的に、過去問集だけで勉強できると思う(過去問集にも解説はたくさん書いてるので)のですが、やはり教科書は必要という方は購入されてはいかがでしょう?
第1・2種電気工事士のためのやさしい数学 おすすめ度
基本的に工業高校卒業程度の数学知識(三角関数・分数の計算・ルートなど)があればこの本は不要です。
<実際に使った方の感想>
私は文系で数学は大の苦手です。もちろん分数なんてからきしダメです。そんな私が必要に迫られ電工の受験に挑戦です。この本で基本をまず学び直し第二種電気工士試験に合格しました。それから8年、今年は一種の受験をするつもりです。又この本を引っ張り出してきて復習してます。電工受験を考えておられる数学の苦手な方には本当に親切で愛着のわく1冊です。

<筆記試験に関する書籍について>
筆記試験については過去問必須です。今回紹介している過去問は豊富な問題数ですし、従来技能で行われていた等価実技試験の内容も盛り込まれているため、この1冊で過去問は足ります。
”やさしい数学”については、ほんとに特には必要ないものですが、数学の基礎知識を忘れてしまったという方には心強い1冊です。電気計算の基本問題(3相回路など)などが掲載してあり、単に数学本ではなく電気工事士受験者用の本ですから、ある程度電気計算の基礎知識も身につきます。

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO