3相4線式配電方式の対地電圧が182V?

三相4線式のΔ-Δ結線とV−V結線で、対地電圧が182Vの相があります。
この182Vの理由を教えてください!

鹿の骨さん:「図を添付します。ヨーク見ると解ると思います。(多分)」



ヨーク見ていただけましたでしょうか“O( ^ - ^〃 )O”?
僭越ながら、ボクが少し解説を付け加えたいと思います。

RS間の中性点を接地してあるので、あそこが大地になります。で、対地間が182Vのところは、T−N間の電圧ですね!

で、T−N間の電圧はいくらかというと、ベクトル図の「Vtn」という黒い矢印です。
その大きさは、3平方の定理から、(Vtn/Vtr)=(√3/2)ですから、それに数値を代入すれば、210×√3/2となり、181.86がでて参ります。

ちなみにR相・S相の対地電圧(R−N,S−N間電圧)は、ベクトル図の通り、105Vとなりますね。





ホームへ




SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO