>>トップへ
 
No.22
電気狸様の合格体験記

■何回目の受験?
 4回目

■使用した参考書
オーム出版:「(出来るだけ最新の年度版)電験3種合格術マスターブック」
 出来るだけ”薄い”本を出来るだけ多く(何度も)解く!!

■体験記
私は4回(通算4年かかって)合格を手にしました。その中で、未だ誰も書いていない と思う部分で、お役に立てればと思うことを披露させていただきます。

@参考書は出来るだけ「薄いもの」を何度も繰り返す。
 一問づつ細かい解説をしている本が多いですが、
 大抵は何処かの"権威ある本"の丸写し、と言うのが
 案外多いです。参考の為に1冊はあった方が良いですが
 私は始めから参考書は「電気工学ハンドブック」だけを
 使っていました。
 そして、何よりも「計算力」が必要です。
 力任せにガリガリ計算しましょう。
 出来るようになったら計算方法を工夫しましょう。
 最初から手を抜くと後で苦労します。

A会場に1番乗りする。
 これは、私の必殺技です。
 今までに電験3種を始め、「第一級陸上無線技術士」、「電気通信主任技術者
(伝送交換、 線路」等を受けて来ましたが、全部一番乗り出来たときは「2文
 字」でした。
 思うに周りを見渡す余裕があって、落ち着いて問題に向かう事が出来たからで
 はないかと。
 「一夜漬け」する位なら「早く寝て一番乗り」した方が結果は良かったです。
 是非お試しあれ。 






SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送