電気技術者の部屋TOP >技術士1次(電気電子) >

技術士1次とは

まず技術士・技術士補とは?
 「技術士」は,「技術士法」に基づいて行われる国家試験(「技術士第二次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。国はこの称号を与えることにより,その人が科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを認定することになります。

 一方,「技術士補」は同じく「技術士法」に基づく国家試験(「技術士第一次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。技術士補は,技術士となるのに必要な技能を修習するため,技術士を補助することになっています。
技術士とは,
 『文部科学省の登録を受け,技術士の名称を用いて,科学技術の高度な専門応用能力を必要とする事項
  について,計画・研究・設計・分析・試験・評価,またはこれらに関する指導業務を行うもの』
ということだそうです。技術系資格の最高峰の資格だと思っています。
技術士は色々な部門に分かれており、その中に「電気電子部門」があります。

技術士の職務
技術士は科学技術のコンサルタントであり、技術に関する「研究・開発・設計・評価の指導や相談,製品の品質や製造工程の効率改善,プロジェクト計画の策定や管理,事故の原因調査や損害査定」などなどだそうです。

技術士になるには
文部科学省が毎年実施する国家試験(技術士第二次試験)に合格し、国の登録を受けることでなれます。

しかし、技術士2次には次のような受験資格があります。

次の@とAの要件を満たすこと。
@技術士補となる資格(以下)を有していること。
 ・技術士1次試験に合格
 ・認定された教育課程を修了

A次のうち、いずれかの業務経験を有している。
  • 科学技術に関する専門的能力を必要とする事項についての計画・研究・設計・分析・試験または評価などの業務経験(またはこれらに関する指導の業務)が7年以上(総合技術監理部門は10年以上)あること
  • 科学技術に関する専門的能力を必要とする事項についての計画・研究・設計・分析・試験または評価などの業務(またはこれらに関する指導の業務)を行うものの監督の下での実務経験が4年以上(総合技術監理部門は7年以上)あること
  • 技術士補として技術士を補助した経験が4年以上(総合技術監理部門は7年以上)であること
と、いうように、まず技術士補となる資格が必要になります。
これには技術士1次試験の突破という道が一番手っ取り早いのです。

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO