エネルギー管理士 試験Q&A 〜特別研修について〜


エネルギー管理士特別研修とは?
エネルギーの使用の合理化に関する法律(略称「省エネ法」)が、平成17年8月10日に改正・公布され、平成18年4月1日から施行されました。
改正に伴い、エネルギー管理士制度も改正になり、これまで熱管理士、電気管理士と分かれていましたが、「エネルギー管理士」へと一本化されることになりました。 よって、従来のエネルギー管理士のうち電気か熱の片方しか合格していない・免状を持っていないという方への救済措置のような形で特別研修が行われます(H22年まで) →費用は2万円です

受講可能なのは、電気管理士か熱管理士に合格した人(免状のある人もない人も)です。
詳しくはこちらで情報を得てください


どんな講習ですか?
これについては、貴重な情報をメールにていただいたので、掲載させていただきます。

特別研修テキストは
@エネルギー総合管理及び法律(A4版 厚さ10mmくらい)
A法令集(A4版 5mmくらい)
B熱分野(A4版 厚さ20mmくらい)
C電気分野(A4版 厚さ20mmくらい)
全部で4冊、講習前に送られてきたそうです。そして、事前にテキストに目を通してください。テキストは、全部持ってきてくださいと書いていたそうです。大変重かったと言っていました。全部には目を通せないので、@とAだけ目を通していったそうです。

特別研修の講習では、@、Aのテキストしか使わず、電気管理士だから、電気部門の講義は無く、熱部門の講義でしたといっていました。講習時間が短いので、講師が「ここを覚えてください」と言っていくないようだった、と言っていました。付箋紙とラインマーカーが必要だそうです。

研修終了試験は、@とAの講義内容から出題され、テキストは見ても良かったそうです。 ただし、問題数が50問近くあったので、テキストを見て探していると時間が無くなるといっていました。問題は、マークシートで問題により5択〜3択、または文章の穴埋めで同じ語句を何度使ってもいいという問題もあった、といっていました。
計算問題は、電気使用量、原油使用量が書かれていて、換算して原油使用量に直して、1種工場か2種工場になるのかという問題があった、といっていました。

BとCは、新エネルギー管理士になった時の参考にしてくださいとのことです。

友人がいうには、講習が、仙台で泊まらなければならなかったけれど、免状の番号にこだわらなければ、2万円はけして高くはない、といっていました。

免状の番号にこだわらなければ、確実に免状が取れそうです。


ちなみに、特別講習で免状をゲットすると免状の番号が、「認-  」となるそうですのでご注意を・・・



トップページへ












SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO