エネルギー管理士 受験アドバイス 〜選択問題はこれを選ぶ〜


電気分野を選択された方への選択問題のアドバイスです。
合格までに3年もかかった管理人の一番悩んだ問題です。選択問題はどれを選ぶかを早めに決めて学習に取り組む事が大切です。

課目U 「電気の基礎」 試験制度がH18年度から変わり選択ではなくなりましたが参考で残します。
これの選択は自動制御情報処理のどちらかです。

この選択問題は好みだと思います。ボクの感じでは情報処理がけっこう簡単です。この情報処理の問題は、初級シスアド程度の内容がでてきます。従って、初級シスアドもしくは基本情報技術者程度の情報関連資格を持っている、あるいは勉強した事ある方は楽勝です。まったく知識がなく初めての内容だぁ( ̄口 ̄|||)という方にとってはけっこう敷居が高いかもです。比較的広範囲の問題がでますし、論述が大半であるため、出題範囲をまるまる暗記するにはけっこう苦労が伴います。

反面、自動制御は例年似たような問題が出るためこつをつかんでしまうと得点源とできます。ただ、この内容は電験2種レベルの内容となっているため、理解には若干の苦労が伴います。理解(理解といっても自動制御の意味の深いところを理解するのではなく、問題をとく手法(テクニック)を理解してください)してしまえば毎年ほとんど似た問題なので楽勝です。

という事で、この2つの問題の選択は好みです(o^∇^o)ノどちらか得意な方で!自動制御どうしても難しすぎる!!!と苦しんでしまう方は情報処理でいいと思います!

課目W 「電力応用」
この課目は「電気加熱」「電気化学」「照明」「空気調和」の4問題から2問題選択します。

これのぜったいのおすすめ(ボクの勝手な判断ですけど)は「電気加熱」と「照明」です。これらの計算問題は例年かなり似た問題がでるので、計算の手法を覚えてしまえば楽勝です!!

電気加熱については計算が電気に似ているので、理解しやすいです。温度は電位ですし、温度差は電位差、熱流は電流で熱抵抗は抵抗です。従ってオームの法則も同じで、温度差を熱抵抗で割ると熱流が求まるという事です!簡単です。

照明についても同様で、計算問題は5つくらいの公式さえ覚えてしまえばあとは計算の練習をしていればすぐマスターできます。確実な得点源になろうかと思います。

以上の2つの問題の計算を確実にマスターしておけばかなり合格は近いです。論述についても過去問をしっかり勉強してれば十分だろうと思います。
ちなみにこの4問題のうち、「空気調和」は電験にはでてこない内容です。
ボクは1年目、2年目と試験でぶっつけ本番で空気調和を選択しました(論述問題で解きやすそうに感じた)。が、これはやっぱ勉強してないと得点できません。前後の文章の流れから”これっぽい”という感じで選択したのがことごとく違いました。専門外のは手を出さない方がよいです。

空気調和についてはけっこうむずかしいので、これを選ぶくらいなら電気加熱の方が簡単だと思います!電気化学についてはノーコメントでお願いします(〃∇〃)ゞ(←実はよくわからない)




トップページへ












SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO