電気技術者の部屋TOP >2級電気工事施工管理技士 >

2級電気工事施工管理技士 実地試験はどんな問題?

実地試験は記述式の問題で、選択肢などは無く自分の体験などを記述するようになります。
中身は問題を見た方が早いので、「平成20年度実施分」をご覧ください。

平成20年度 電気工事施工管理技術検定試験 実地試験問題

【問題1】
あなたが経験した電気工事について記述しなさい。

(1−1)経験した工事の次の事項について記述しなさい。
 (1)工事名
 (2)工事場所
 (3)電気工事の概要
 (4)工期
 (5)この電気工事でのあなたの立場
 (6)あなたが担当した業務の内容

1−2 上記1−1の工事の現場において、安全管理上あなたが留意した事項を2項目あげ、 各項目についてその理由と、あなたがとった処置又は対策を具体的に記述しなさい。

【問題2−1】
電気工事に関する次の語句から2つ選んで、施工方法の留意点を具体的に2つ記述しなさい。
1.VVFケーブルの施工              2.露出配線(電線管)の施工
3.合成樹脂製可とう電線管(CD管)の施工  4.分電盤の取り付け
5.電動機への配管配線接続           6.埋め込み形照明器具の取り付け

【問題2−2】
次のスケルトンで、
 (1)イに示す機器の名称または略称を書け。
 (2)イに示す機器の機能を書け


【問題3】
次のアロー形ネットワーク工程表について
(1)所要工期は何日か
(2)イベントGの最早開始時刻は、何日か、


【問題4】
電気工事に関する次の用語から3つ選んで、その技術的な内容を具体的に2つ記述しなさい。
(技術的な内容:施工上の留意点・選定上の留意点・対策・方式・方法・用途・目的・特徴・動作原理・発生原理・定義など)
1.メタルハライドランプ    2.変圧器のコンサベータ  3.非常電源専用の受電設備
4.ライティングダクト      5.配電線路のバランサ  6.LANのタッチパネル
7.電気鉄道のき電線     8.超音波式車両感知器  9.漏電遮断器

【問題5】
次の法律で、誤っている語句を選んで正しい語句を書け。

(5−1)「建設業法」
注文者は、@「請負人」に対して、建設工事の施工につき著しく不適当と認められるA「下請負人」がある時は、その変更を請求することができる。ただし、予め注文者のB「口頭」による承諾を得て選定したA「下請負人」についてはこの限りではない。

(5−2)「労働安全衛生法」
事業者は高圧室内作業その他の労働災害を防止するための@管理を必要とする作業で政令で定めるものについては、都道府県労働局長の免許を受けた者又は都道府県労働局長の登録を受けた者が行うA安全講習を修了した者のうちから、厚生労働省令で定めるところにより、当該作業の区分に応じて、B作業主任者を選任し、その者に当該作業に従事する 労働者の指揮その他の厚生労働省令で定める事項を行わせなければならない。

(5−3)「電気工事士法」
@第二種電気工事士は、経済産業省令で定めるやむを得ない事由がある場合を除き、@第二種 電気工事士免状の交付を受けた日から5年以内に、経済産業省令で定めるところにより、経済産業大臣の指定する者が行うA自家用電気工作物の保安に関するB講習を受けなければならない。当該講習を受けた日以降についても、同様とする。

いきなり書ける人は勉強不要でしょう(笑)
法律は若干の勉強が必要でしょうか。

あと、ネットワーク工程表は絶対出るんで、確実に要勉強です。
電気工事に関する語句の記述は経験上書けるものが2つ3つあるんじゃないでしょうか。

問題1の施工体験記述は若干の書く練習が必要でしょう。

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO