電気技術者の部屋TOP >実技試験受験準備 >

実技の練習に必要なものは?

練習(試験勉強)に必要なものは?
電気工事士技能試験は実技試験はどんな試験? で紹介していますとおり、工具を持参し配布された材料を組み合わせて作業を行い、一つの作品を組みあげます。従って、その作品を作れるようになるために練習をしなくてはいけません。

練習をするためには、以下のものが必要となります。
 「工具一式」「電線」「部品(以後材料と呼びます)」

これらのものを揃えてしっかり練習をして試験に臨む事になります。
具体的にどんな工具・材料が必要か、どのようにして入手するかは後に述べる事とします。
ここでは、過去に第2種電気工事士に出題された材料を参考に紹介致します。

平成18年度試験から制度が改正となり、第2種電気工事士試験は問題の例が事前に公表されるようになりました(公表問題のうち1問が出題される)。また、第1種電気工事士試験においては試験に出される材料が事前に公表されるようになりました。これによってこれまでのようにすべての材料の取り扱いを学ぶ必要はなくなりました。


<平成6年度〜平成16年度の第2種電気工事士技能試験に出題された材料>

(電線類)



写真なし(>_<)
まぁるいケーブルです。
IV 1.6mm
(黒・白・赤)
VVF 1.6mm
(2芯・3芯)
VVR 1.6mm、2.0mm
(2芯)
EM−EEF 1.6mm
(3芯)


(コンセント・スイッチ類)



埋込連用コンセント 埋込連用スイッチ(片切) 埋込連用スイッチ(3路) 埋込連用パイロットランプ
埋込連用取付枠 ランプレセプタクル 露出型コンセント 引掛シーリングローゼット


(器具類)



アウトレットボックス ねじなし電線管(19φ)
10cm程度
ねじなしボックスコネクタ(19) ねじなし絶縁ブッシング 絶縁ブッシング
合成樹脂可とう電線管(PF16)10cm程度 合成樹脂可とう電線管用
コネクタ
ゴムブッシング(19・25) リングスリーブ(小・中) 差込コネクター
(2・3・4本用)


電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO