電気技術者の部屋TOP >投稿&情報交換 >

管理人合格体験記(2種)

受験のきっかけ
 受験は高校2年生です。ボクの通ってた学校は電気科で2年生になると特別な理由(部活とか)がない限り全員受験します。ボクは何も理由がなかったので受験しました。

筆記試験
 学校で勉強を教わりましたから、独学の方はあまり参考にならないかもわかりませんが、学習法の参考にはなると思いますので紹介します。学科試験は大きく分けて「通常の電気工事の問題」「写真をみてのその工具・材料などの用途や名前を答える鑑別問題」と「配線図を読み取る問題」の3種類が出題されます。

通常の問題は学校で毎日教わります。配線図の読み取りもある程度学校で教わります。ですが!!鑑別問題だけは教わりません。これは覚えます。問題集にあった鑑別テスト用の写真が載っているページをすべてコピーし、一枚ずつ切り、裏にそのものの名前&用途を書きました(英語の単語帳みたいなのつくりました)。100程度ありますがこれはすべて覚えました。

あとは、毎日毎日毎日毎日学校で放課後に先生の準備した問題を1回分やります。答え合わせして合格点いかない人は残り勉強で合格点いくまでやります。(ボクは残ったことありません☆)

 そうして迎えた筆記試験ですが、自分は無事合格でしたが何と!一緒に受けた同級生は全員受かりました。ちなみに人数は確か100人くらいです。つまり!努力すればみんな受かるのです。高校2年生の春の段階ですから電気の勉強をしっかりみんなしてるわけでもないのに・・・ですよ!!だからこれを読んでくれてるあなたもぜったい受かります-(* ̄∇ ̄)ノ


技能試験
 これはやっぱ苦労苦労でした・・・。だって、ナイフで電線の被覆をむぐのさえ満足にできなかったんですから・・・(最近はワイヤストリッパ使えるからいいですよね)。まぁこれも学校で毎日毎日毎日毎日単位問題をやりました。

最初は時間足りなくて(30分程度)なかなかできなかったです。。。しかも美しくつくれなかった。だからボクは努力しました。1週間くらい学校から帰って毎日ペンチをにぎり、ナイフを握り、細かい練習(かわむぎ・わっか作りなど)を繰り返しました。先生に禁止されてましたけど、ペンチでかわむぎを極めたので、結構練習ではクラスで1〜2位を争う速度で完成させる事ができました。

あと、実技とともに苦労したのが複線図でした。わけわかりませんでした。。。が!!!書き方のポイント教わって何個も何個も毎日複線図書いてたら自然にマスターできました☆

 って事で実技試験ですが、これも同級生の9割くらい(何人かはやっぱ落ちました)は合格でした。高校生でもとれるんだからオレもとれるって思ってきたでしょ( ̄▽ ̄〃)

 本番の心境ですけど、練習しまくっても実技ってかなり緊張しまくります。(ガムかんで落ち着きましょう←いつもこの方法でボクは試験中緊張をほぐしてます)複線図書けなかったら・・・かけてもまちがってたら・・・途中で電線きりすぎたら・・・あー怖い・・・って感じです。でも配られたら、ぱっと複線図書けてちゃっっと完成させて時間も数分余るくらい余裕でした(≧∀≦)o

この時はアウトレットボックスの作業で、もう穴が打ち抜いてあったのになぜかがんがん打ち抜いてる人がいたのが印象的でしたぁ。


学習日程
 ・4月の終り〜5月一杯:学科試験の勉強&テスト&居残り
 ・6月:学科試験の自己採点で受かったっぽかったら技能の練習
 ・7月:単位問題をたくさんする。
  ということでなんと約3ヶ月(がんばれば)で受かりますね!!あなたもがんばればぜったいうかりますよ(≧∀≦)o

電気技術者の部屋TOPへ戻る

Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO