自動点滅器・タイムスイッチ回路について
第1種電気工事士実技試験には、自動点滅器・タイムスイッチ回路が出題されます。この回路についての考え方をしっかり解説した参考書などはあまり見かけません。ここではその回路を詳しく解説したいと思います。


@自動点滅器
<自動点滅器の目的>
自動点滅器は、外の明るさを検知し一定以下の暗さになると自らのスイッチをONに切り替えて照明を点灯させます。また外が明るくなると自らのスイッチをOFFさせる事によって照明を消灯させます。このように自動的に照明を入り切りする装置を自動点滅器といいます。


自動点滅器の仕組み 自動点滅器の電源
図のように、自動点滅器にはcdsセルという素子が組み込まれています。これは、自動点滅器の命とも言えるものです。cdsセルによって明るさを検知し、「3」に通ずるスイッチのON、OFFの制御をしています。 家電でも同じですが、電気で動くものには必ず電源が必要になります。自動点滅器の場合、左で説明したcdsセルへ常に電源を供給しなければなりません。このための電源回路が1番と2番端子になります。


<自動点滅器の動作>
自動点滅器の「1」端子には非接地側電線(黒線)が、「2」端子には接地側電線(白線)が、電源として接続されます。そして「3」端子は、自動点滅器動作時に非接地側の電源が出力されます。

○A動作
cds回路が、日没を検出(暗くなる)すると自動点滅器の3端子につながる接点(スイッチ)が閉じて「3」端子に非接地側の電源が出力されます。
○B動作
cds回路が、日の出を検出(明るくなる)すると自動点滅器の3端子につながる接点(スイッチ)が開いて「3」端子に出力されていた電源が停止されます。

このような動作を自動点滅器は行い、電灯の入り切りを自動的に行います。
cdsセルは周囲の明るさを検出するため、常時電源が必要になります。



<練習問題>複線図を考えてみてください。

解答はここをクリック!!



Aタイムスイッチ
タイムスイッチ回路は、自動点滅器の回路と考え方はまったく同じです。「M」と書いてある所がタイマー本体のモーターで、タイマーに常に電源を与える事でタイマーが回転して、内部のスイッチを入り切りします。 回路の考え方は自動点滅器とまったく同じで、自動点滅器の「CdSセル」を「モーター」に置き換えただけです。従って「M」には常に電源が必要となります。
タイムスイッチは、○○時〜○○時までの間はON、それ以外はOFFという使い方をします。ONの時間がくると自動的に中の接点がONします。


<練習問題>複線図を考えてみてください。

<解答>
タイムスイッチも自動点滅器も基本的な考え方は同じです。普通のスイッチと考えれば考えやすいでしょう。これらの回路をマスターしておけば、かなり自信がつく事と思いますし、むしろ1種を受験するのであればこの回路は確実に押さえておく必要があると思います(o^∇^o)ノ




トップページへ





SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO