2021.09.20最終更新
電気技術者の部屋TOP  電気主任技術者(1種・2種)

第1種電気主任技術者試験(電験1種)受験体験談

 電気技術者の部屋の訪問者のみなさんより送っていただいた電験1種合格体験談です。訪問者の方々から頂いた貴重な体験談は何よりも参考になるアドバイスだと思います。

 第1種の合格者自体は毎年100人程度です。超貴重な合格経験者の方の合格体験談は電気技術者の部屋の財産です。参考になさってください。  また、体験談を参考にされたみなさんは、受験経験をされた後は、ぜひ体験談を教えてください。

受験体験談投稿はこちら

分電盤太郎様 1回目の受験で合格

参考にした書物


[問題集系]
電験一・二種二次試験計算の攻略(オーム社)
電験一種一次試験の完全対策(オーム社)
電験一種二次試験の完全対策(オーム社)
電験二種徹底研究シリーズ(オーム社)

[過去問系]
月刊OHMの過去問コーナー(図書館で借りてコピー)
平成○○年版電験第1種模範解答集(電気書院)
電験第1種9年間模範問題集(電気書院)
電験第1種合格10年マスタブック(電気書院)

[知識系]
電気事業法(go.jpより)
保護リレーシステム工学(電気学会)
大学時代の教科書・ノート
その他…
H19に3種,H20に2種,H21で1種を取得しました。
必ず勝つの信念で、月月火水木金金を実践しました。

環境


周囲に受験するんだとアピールし、自分を追い込む。
友人の遊びの誘いを3回に1回程度断る。

冬の間はなかなかはかどりませんでしたが、3月末に 二種免状が来てからは、本腰を入れて勉強開始です。

4〜5月
一種の完全対策シリーズの問題集は、バラエティが少ないうえにつまらない。 1冊を終えましたが理解度が悪く、不安が残りました。

6月
中だるみ(保護リレーシステム工学を読むなど雑学を増やしていきました。)

7〜8月
「計算の攻略」に手を付けました。歯が立たない問題も多数ありました。 1次過去問に手を付け、対策に専念しました。

9月
1次直前には、電気事業法をプリントアウトし小さな冊子にし、 通勤電車の中で繰り返し読みました。
1次通過の手ごたえを得て、再び「計算の攻略」に取りかかりました。 同時に2次過去問を解き始めました。 過去問に勝る問題集はありません。

勉強法


過去問を解けるまで、3回くらい解く。
計算問題は全部解けるように何度も繰り返す。
解けなかったら悔しがり、計算ミスは猛省して再発を防ぐ。 特に、対称座標法・ラプラス変換・誘導機の計算など、 パターン化されているものは、逃げずに必ずマスターする。 学生時代の教科書を傍らに置き、必要な知識を体に思い出させる。

知識・計算問題をバランスよく学び、地道に部分点を集めてもいいし、 私のように計算問題完答を狙う、のもありと思います。

戦略はいろいろあるでしょうが、 計算問題から逃げて記述問題の練習や 語句の暗記ばかりしていても、勝ち目はないと思います。 知識の記述問題は、出題内容・難易度にブレがあり、 知識問題のみに勝負を賭けるのは、確実性に欠ける気がするからです。

2010.2.2(No.3)

誘導機様 1回目の受験で合格

1種(平成18年度合格)

勉強


2種一次試験の時に、三角関数の計算ができなかったとテブナンの回路計算を間違 えたことの反省もあり、電気回路に立ち戻ってやり直しました。

図書館で借りた 「電気回路入門(発展編)」とやらの回路関係の問題集を片端から解きました。 正月は回路計算で尽きました。いろいろなやり方で解いてとにかく計算に自信を つけることを目標にしました。

1種は、「参考書が1種1次試験の完全対策」1冊しかありませんでした。買うべし 。1種は、1次試験からむずかしいと感じました。理論も大学レベルになります。 今回も理論でスタートダッシュをかける作戦をとることにし、大昔からある「電 磁気学演習」をやることにしました。微分積分を堪能しました。また、1種の過去 問には零相、正相、逆相なる問題があるようでしたので、禁断の対象座標法に手 を染めることにしました。

最初は、なんのことやらわかりませんでしたが、単相 負荷をかませた三相回路の不平衡度が簡単に解けたのをきっかけに計算プロセス が理解できました。

そういえば、大学でやった行列の対角化と似ています。図書 館で電気学会の送電工学なる赤い本を借りて、2線地絡や2相短絡やらその変形 のケースをひたすら繰り返し解き続けました。このころ、字を書きすぎて腱鞘炎 気味になったのには閉口しました。

過ぎたるは及ばざるがごとし、です。
1種は、論説面にも力を入れることにしました。文を書くのは慣れていますので 、どれだけほらふきネタを仕入れられるかが勝負です。図書館の電気工学の書棚 は、全部目を通してました。理解できない部分も眠気と戦いながら一読しました 。振り返るとこれが大いに役立ちました。過去5年分の過去問集は繰り返し解き ました。pu法も身につけました。

1次試験


試験会場は、2種のときと同じでした。駅から会場までを歩く間に、来年はここ を歩かないときつく己に言い聞かせました。趣味の電験に回り道はないのです。 過去問を俯瞰すると、どの種目もB問題の配点が大きく、たとえば理論ではB問題 2問とA問題1問で十分合格ライン達することがわかりましたので、とにかく各種 目において、B問題から手をつけることにしました。

さすがに1種1次の理論は、 計算させてくれました。理論の「B問題の1問目は一番単純なポアソン方程式を5 分で完了、テブナンの回路計算はいかに丁寧に計算をすすめるかの問題でした。 いける、と思いましたがテブナンに時間を掛け過ぎました。最後の電流値を分数 で計算しようとしたため、時間がかかりました。

途中で面倒になり少数で計算し て済ませました。ここで時間を使いすぎたため、磁束の計算をした後に、不平衡 回路のベクトルは目で解きました。ブリッジ回路は手が付けられませんでした。 残念。とはいえ、正月の回路訓練は効きました。

電力Bはなにやら見たことがある問題ばかり。直流送電の山も当たりました。機械 Bは、待望の照度計算。投影方向を慎重に確かめながら計算完了。電力・機械と も初見の問題は、とにかくこれは解けると自己暗示をかけながら時間一杯考えま した。とにかく試験場で考えることです。チョコを食うことです。法規もなんと か終わりました。

楽勝と思っていたら、帰りの電車で法規の間違いが多いことに気づき暗くなりま した。B問題がなんとかなっているようでしたが、結果通知が来るまでは安心で きないと思いました。

幕間


 「1種二次試験の完全対策」を買いました。半分は、どこかの参考書にある問 題の多くが、1種の過去問であることが判明しました。対象座標法と突極型同期 機の計算をたくさんやりました。やりすぎはいけません。同じ問題を10回も解 くと、思考せずに問題が解けてしまうため、逆効果になります。

2次試験


 相変わらず計算問題にかけました。電力・管理は、朝電車の中で記憶したばか りの同期機の可能出力曲線の問題でした。これを5分で片付け、送電電力の問題 にかかりました。

2次式の判別式の問題であることはすぐにわかったため、間違 えないように慎重に計算しました。確率の問題は、見たことがありませんでした 。それにしても、故障確率の定義式も書かずにずいぶん乱暴な設問だと思いまし た。でもこの定義を書いちまうと、この問題は3種程度になってしまうため致し 方ないのかもしれません。

残り1問は、落雷対策の問題にしました。へそをとられ た私としては、この手の問題を解いたことはありません。
(1)のみ自信あり、 あとは適当です。雷は横目で見た雷撃図を思い出しながら、ピタゴラスしました 。時間が足りませんでした。送電問題に時間を掛け過ぎました。自信がありませ んでした。

機械は、山が当たった同期機の並列運転からやりました。変圧器の並列運転のつ もりで解いたため、途中でまちがいに気づいて焦りました。手になじんだpu法 で時間が稼げたのが幸いでした。20分を残して自動制御にかかりました。また もや面倒なブロック線図です。意表をついたゲイン線図以外は、力任せに解きま した。とにかくくたびれました。

幕間


標準回答と照らし合わせると、辛めに見て105点でした。180点の60% に足りません。二次試験が終わったとたんに、電験熱が一気に冷めました。実際 、合否はどうでもよくなりました。ネットでの検索もしませんでした。家に郵便 が来て、合格を知りました。
いまとなっては、勉強の目標がなくなってさびしいです。

結論


電験1種は、本当にむずかしい試験でした。ネットに書き込みしている時間があ れば、誘導機の計算でもすることを強く勧めます。それにしても、電験と実際の 電気の仕事はほとんど関係ありません。
とはいえ、電験を勉強する過程で、停電 なしに安定した電力供給を実現している電力関係者のみなさんの努力が理解でき るようになりました。

2007.6.5(No.2)

ja1nku様 1回目の受験で合格

使用した参考書


過去問題集(電験二種)
どうやら電験二種の過去問題がすべてとけるようになったら 受かったようです。

体験記


平成4年電験1種一発合格
6科目(理論・発変電・送配電・応用・機械・法規)と1科目2時間で 2日間も試験がありました。

2種で何度もつまずきました。
その時わかったのは、俺は、三種を一発で受かったけど、満点で受かったんじゃ ない。 と、思ったことです。 それ以来、2種の勉強は、3種の過去問題の完全解答できるようになること。で した。

その学習方法に変えてからは、毎日が楽しかったです。
それもそのはず、電験3種合格者が、3種の問題をやっているんですからね。
1種の受験の時は、すでに、2種を勉強していた友達に、ゼミまがいのことをし ていました。

おかげで、人一倍勉強できました。
人に教えることができるのは、それなりの学習が必要ですね。
おかげで、口述試験もすんなり受かりました。
学習方法は、やはり2種の問題の完全解答からはじめましたが、一発で受かると は自分でも思っていませんでした。
合格者24名でした。

2006.8.25(No.1)



 電験1種を受験された方はこれからの受験者の方のため、また電気技術者の部屋の発展のため(〃∇〃)ゞに、ぜひ体験談を教えて下さい“O( ^ - ^〃 )O”

受験体験談投稿はこちら

電気技術者の部屋TOP
Copyright (C) 電気技術者の部屋. All Rights Reserved.